Summer material
薄手コットン・リネン・ポリエステル素材
(薄手亜麻布・綿麻混紡布・木綿布・ポリエステルオパール)


こちらのページではボイルやローン、ダブルガーゼ、ピケなど
薄く柔らかい素材がを集めてみました。
ブラウスやシャツ、スカートなどのお洋服にもよさそうですし、
カーテンやベッドカバーなどにしてもステキそうです♪
ただ、季節素材ですので在庫限りのものが多いです。お早めにどうぞ。


ダブルガーゼや麻生地(リネン)、ニットやレースのページ等と
ごいっしょに御覧ください。
※このページの布は薄物ですので、透けて見えます。

下記の写真は片方が下に白いものを敷いた写真。

片方の写真は透け感と立体感がわかるように、チェックのテープルクロスの上で、布の耳部分を斜め上から撮影いたしました。

ダブルガーゼのページや、麻生地(リネン)、ニットやレースのページ等とごいっしょに御覧ください



Cotton Organdy
コットンオーガンジー


当店定番のコットンオーガンジー。最初はのりがきいていますが、洗ったり、使い込んでくるとやわらかくなります。

Cotton Organdy
コットンオーガンジー

綿100%
90cm巾 厚さ0.1mm
1反約10m
10cm¥90
数量: x 10 cm
クリックすると拡大画面が出ます

クリックすると拡大画面が出ます




♪繊維雑学コーナー♪

ボイル voile

ボイルとは、経緯とも強い撚(よ)り糸で織り、麻織物のように仕上げたやや目の荒い薄地の織物のこと。
さらりとした風合いが夏向け。


ローン 英lawn=紗(しゃ)
もともと麻の薄地で高級な織物のこと。
それを模してソフトな綿の薄地に仕上げたのものが綿ローン。
英国国教会では主教 (bishop) の法衣のそで (sleeves) に用いるそうです。

北部フランスの都市ランで作られたことが語源らしい。

ガーゼ 英gauze 独gaze
甘撚りの糸で、密度の粗い平織りに織った薄地の柔らかい、主に綿織物。最近では綿麻混や麻のガーゼなどもある。元は薄い織物を総称してガーゼと言っていた。ドイツ語発音で「ガーゼ」らしい。織り初めた土地である西アジア・パレスチナの都市gazaが語源、また、アラビア語で真綿・生糸を意味するガザから名づけられたという説もある。
英語では「ゴーズ」と発音するらしいが、日本語の繊維名で「ゴース」は絽や紗に近い、柔らかめのオーガンジーのような織物をいう。

ダブルガーゼ double gauze
上記のシングルガーゼ(1枚のガーゼ)を2枚結節して織られた、2枚あわせのガーゼ。