ベビー用品

北海道 ゆうやママ 様の作品

自然綿のダブルガーゼとシンカーパイルで作成したものでーす(~o~)/
ベビー用汗取り

クリックすると拡大画面が出ます
ベビー用汗取り

クリックすると拡大画面が出ます
上記のメールとお写真を「このページに載せてよいでしょうか」とメールしたところ快いお返事とともに、右のお写真も送ってくださいました。

ゆうやママ様、本当にありがとうございました♪

生地担当 ネコキチの母(青木)

自然綿両面パイルを使って作成したスタイ

クリックすると拡大画面が出ます


当店で自然綿をお買い上げになった「北海道のゆうやママ」様より、うれしいメールとともに、作品のお写真をいただきましたので、ご紹介いたします♪
※最初は自然綿の保管の仕方についてのご質問でした。オーガニックコットンの扱い方も、自然綿の扱い方も同様ですので、参考になれば幸いです。

@(有)ナンデモヤ 通販部担当 青木さま

本日、無事に商品が届きました。
まだ開封はしていないのですが、 今後生地は実際使用する時に少しずつ水通しして使っていこうと思っているのですが
すぐに使用しない生地を自宅で長期保管する際、どのようにしておくのがよいのかなぁと思いまして。。。
このまま開封せずに保管しても大丈夫なものでしょうか。よろしければアドバイス頂けませんか?

面倒なことをお願いして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

2007年9月26日 北海道 ゆうやママ


Aはい、まだ開封していない状態でしたら、
特に湿度や温度が高くなければ、そのままでも大丈夫だと思います。
 
自然綿で特に気をつけなければならないのは「日焼け」です。
科学染料や色止めをまったく使っていないため、
店頭の蛍光灯でも、反物の折り目部分が日焼けして、色が抜けます。
 
ですので、なるべく光が当たらないほうがよいです。
特に端の折り目部分にお気をつけください。
(それでも自然の退色が起こるかもしれませんが・・・)
 
また、カビなどから守るためには、高温多湿になるようなところではなく、呼吸できて、木綿にも居心地のよい状態がベストです。
 
長期に保存するのでしたら虫などから守るため、無臭タイプの防虫剤もよいかも知れません。
 
毎日布を扱っていますと、綿や絹などの自然素材の布は、生き物だなあと、つくづく感じます。特に自然綿はそうです。
 
また、自然綿両面パイルの枕カバーなどはいつまでもやわらかく、顔をうずめては悦に浸っています。
でも、ループは引っかかりやすいのでご注意を。
 
また、自然綿はさらしていないため(科学染料で染める際、1番最初に脱色すること)、いつまでも木綿の自然の油分が抜けず、雑巾にした自然綿両面パイルのハギレは役に立ちませんでした。(笑)
 
では、布との生活をお楽しみいただけたたら幸いです。

2007年9月26日 生地担当 ネコキチの母(青木)
B生地担当 青木さま

とてもわすりやすい丁寧なアドバイスをありがとうございました(~o~)
自然綿はデリケートな生地であることは
貴社のホームページでも読ませて頂いていましたが
やはり日焼けで傷めてしまったことが過去にありました(-_-;)
保管しているうちに生地をダメにしてしまっては
あまりにも悲しすぎるので
今回のアドバイスは本当に助かります。

自然綿のシリーズはとっても気に入っていた生地で
柔らかくて本当に心地よい生地ですので
ベビーの背中にいれる汗取り等を作るのに使っています。
襟に手刺繍を入れたものは周囲にとても好評で
夏場には注文を受けて数多く作成していたので
定期的に購入させて頂いておりましたが
今後入荷しなくなるというのは本当に残念でなりません(>_<)

ホームページでも生地の説明や使い方など
素人でもわかりやすく説明されているところなど
生地に対する思いがなんとなく伝わってきて
ナンデモヤさんはとっても好きなお店です。
今後も利用させて頂きたいなぁと思っていますので
よろしくお願いいたします。

お忙しい中、貴重なアドバイスを
本当にありがとうございました(*^_^*)


2007年9月28日 北海道 ゆうやママ

というメールとともに、下記のお写真をいただきました♪